DVDのプレスは大量に作る時に便利です

昔はコピーが主流でした。
CDやDVDをコピーして、新たなCDやDVDを作成する事が多かったです。
しかし、最近はコピーの割合が減ってきました。
コピーよりプレスをする業者が多くなってきました。
作成依頼もプレスが多いですからね。
プレスの作成依頼が多いから、自然にコピーよりプレスの方が多くなっています。
プレスの価格が下がってきている事も、プレスの依頼が多い原因の一つでしょうね。

DVDのプレスを依頼する人は多いです。
主流がブルーレイになりつつある昨今でも、DVDのプレスを依頼する人はたくさんいます。
少ない枚数なら、今でもプレスよりコピーの方が良いでしょうね。
だが、大量に作るのならプレスの方が良いです。
コスト的な意味でもプレスの方が良いですね。
DVDをあまり作らない会社はないです。

DVDを作るなら大量に作ります。
プレスもコピーもDVDを作るのには変わりません。
違うのは作ったDVDの品質とコストです。
品質で言うと、コピーよりプレスの方が良いです。
コピーは劣化が激しいからプレスをする方が良いですね。
コストも安くなっているから、DVDはプレスが主流になっています。