弁護士資格で得られる他の資格について

弁護士資格といえば最難関の国家資格ということで世に知られており、資格取得のためには非常に大変な量の勉強や経験が必要だと想像されます。
実際法科大学院の卒業生でも司法試験に受かることがなかなかできない人も多くいるようで、やはり資格取得は非常に難しいもののようです。
そんな弁護士資格ですが、資格取得によって別の士業としての資格も取得ができるという話を聞きました。
そこで、弁護士資格で得られる他の資格について少し調べてみましたので紹介してみます。
まずこの話は本当なようで、弁護士資格を取得した場合、弁理士・税理士・社会保険労務士・行政書士・海事補佐人の各資格について、登録することが可能なようです。
もちろん登録するためには何も必要ないというわけではなく、例えば弁理士であれば日本弁理士会に、税理士であれば日本税理士連合会になど、それぞれ登録申請が必要となり、そのための費用も掛かってくることになるようです。
ただし、弁護士資格がどんな資格も認められるというわけでもなく、例えば司法書士資格は認められないほか、公認会計士や土地家屋調査士といった資格も認められません。
このように、知識や実務スキルが別途必要な資格は認められていない場合もありますが、弁護士資格で得られる他の資格については結構いろいろあるようですので、もし弁護士資格を目指しているのであれば、弁護士資格以外の資格を活かした業務を目指すことも有効かもしれませんね。