阿波踊りの有名連「阿波連」

阿波踊りの有名連「阿波連」は、その名の通り阿波踊りが大好きな阿波っ子が集まって結成されました。
ホームページを見てみると、創立は1957年(昭和32年)で連員は約80人です。
「阿波連」は若手の連員が多く、連の中心になっていてバイタリティ溢れる踊りとなっています。
「阿波連」の浴衣には、ジブリ映画で有名な江戸末期に起こった伝説“阿波狸合戦”の金長狸があしらわれています。
阿波踊り好きが集まっていますから、「とにかく阿波踊りを楽しもう!」がモットーで、連員が一丸となって活動しているということです。
しっかり者で気立ての良い阿波女の心意気を表現した女踊りと、勇ましい男踊りのコンビネーションが絶妙なバランスで観客を惹きつけます。
男踊りはうちわを持ち、腰は低く視線はまっすぐ前を見据えます。
「ジグザグ踊り」の元祖としても有名です。
トレードマークの金長狸が、宴会を楽しんでいるような和気あいあいとした踊りが自慢です。
女踊りは、しなやかに踊ることを意識して、全身で阿波踊りの楽しさを表現しています。
指の先の繊細な動きに集中していても、観客に笑顔を向けることは怠りません。
赤とピンクの衣装を身につけ、凛とした踊りを見せる女踊りに誰もが魅了されることでしょう。